読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桜花賞2014

競馬

岡田総帥いわくやや後ろに重心のかかる走法でエンジンのかかりが悪いのがハープスターである。この弱点を補ってあまりある能力は秘めているものの、jfではレッドリヴェールフォーエバーモアとは互角だった。チューリップ賞でもタイムやラップの面ではjfのときと差はない。

まだ勝負付は済んでいないだろうと。川田はインタビューでレッドリヴェールを意識していないといってたけど、そこは意識しないとまずいだろう。
僕の本命はフォーエバーモアである。キレという観点ではハープスターの遠く及ばないが、自在性とレースセンスは上といっていい。クイーンSではもったままの抜け出しで完勝だった。鞍上の蛯名は直線で他の馬に合わせたりするタイプでないので、今回のようなハープスターが後ろにいるパターンだとなおさら面白い。多頭数でものをいうのはレースセンスである。