読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイルカップ2014

第一回のマイルカップで大川御大がファビラスラフインは素晴らしいけど、速いペースに付き合って着いていけばどんなに強くても最後までもたないという話をパドック解説でしていて、結果としてバンブーピノに付き合ってしまいファビラスラフインは惨敗。秋の活躍から考えると、ファビラスラフインは勝つべき馬だったのであろうけど競馬には絶対はなかったようだ。

というわけで、競馬の「絶対のなさ」みたいなものに着目するとミッキーアイルだってペース次第ではどんなに強くて早くてもぶっ飛んでしまう可能性はある。

しかし、この馬ほんとうに強い。持ちタイムといいテンのスピードといい正直、マイルならハープスターより強いかもしれないというレベル。もともと朝日杯の前日に朝日杯よりラップもタイムも格段に上を叩きだしているし、アーリントンカップハープスターチューリップ賞よりタイムはよかった。(というか内容も上)。

調教師は番手でもいいみたいなことを言ってるけど、果たして?

まあ穴馬が台頭するなら正直、ミッキーアイルでも持たないようなハイペースになったときで後ろでじっとしてた馬になるだろう。

ただそんな馬を当てずっぽうで探すのもどうかな。

要はミッキーアイルでいいのだ。