読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

秋華賞2014

京都2000内回りには魔物が住む。ジェンティルドンナブエナビスタでさえも苦しいレースをした。コーナリングの巧拙やペース配分の妙によっては本命が苦しむレースである。

ヌーヴォレコルトもローズsは完勝だったけど、ものすごく切れるタイプではなく4角のポジションニングによっては脆そうな感じする。今回は一本かぶりだけど本来はどちらかというと善戦マン型だと思ってるので、今回は見送りたい。

本命視するのはショウナンパンドラである。紫苑sからというのが気になる今年は新潟開催だから別物と考えてもいいだろう。そして、なによりも本馬はコーナリングがスムーズで中段から4角入り口でうまくポジションを上げることができる器用さあり。

人気から考えると単、複の併用か。