読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダービー2016

毎年恒例の仮柵移動Cコース使用。少々の雨でも当日晴れれば一気に乾く。乾かなくても内、先行有利は揺るがないだろう。特に直線外に振ったら全く伸びないと想定したい。とはいえ今年は有力馬がほとんど内に入ってるしそこまで意識しなくてもいいかも。

展開としてはマイネルハニーやブレイズスマッシュあたりが飛ばすのでそのへんのテレビ馬を前に見ながらか。鍵を握るのはリオンディーズ。前走はオーバーペースでお釣りがなくなったが、さすがに息が入らない展開で中山の坂は厳しかったか。しかし、今回は府中2400である。改築以後は以前ほどタフなコースではなくなったし、リオンディーズとしては直線入り口で3番手からスパートをかけやすそう。この馬はかかる、かからないという不安を抜きにすればやはりスッといい位置を取れるというのが魅力であろう。デムーロもインタビュー読む限りでは持ち味はキレよりも高い先行力と粘りに見てるし、3〜4番手の積極的な競馬しそう。よって本命である。

対抗馬もある程度好位置を取れそうなのをピックアップしたい。マウントロブソンはどうだろうか。特に同馬主のマカヒキのフォローというのもあって早め早めの競馬をしたいところだろう。全くキレはないので直線入り口で皐月賞と同じようにリオンディーズの側にいることが条件となってきそう。

他にはエアスピネル。ピッチ走法で若干距離は厳しいと思うが、豊としてはこの馬の機動性を活かしたいところだろうし前目だろう。皐月賞もリオンにぶつけられなければ2着までありそうだった。

皐月賞馬のディーマジェスティはやはり出負けが気になる。一枠を引いたのはデータ上は有利だが、同じようなパターンとしてキズナワンアンドオンリーだが、ディーマジェスティほど反応が悪い馬ではなかった。ディーマジェスティの場合、府中でも最終コーナー手前から追いはじめないとダメでそのためにはスペースを確保する必要がある。そこを蛯名をどう捌くかだがどうなんだろう、蛯名はダービーの女神に愛されてるのだろうかwマカヒキも騎手が不安。川田は前科がある。2014年のトゥザワールドも外を回して持ち味を殺したし、同じ轍を踏むのではないか。

サトノダイヤモンドは強いかもしれないけど、皐月賞では見どころはなかった。ずっと前のスペシャルウィークに近いイメージがあるので、15年前なら本命だったとけど、現代競馬は強さだけでなく適正も試されるというのが持論でやはり「強い」という理由であまり手を伸ばしたいとは思わない。

ただし、リオンディーズは所詮4番人気であるから、馬連で5点以内なら人気どころを拾っておくのも決して悪い馬券戦略ではない。