読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

阪神JF

改修以降、紛れの比較的少ないレースであり、本命サイドを中心に考えていく。

外枠に入ったけどホウライアキコを本命。前走は圧巻の走り。コーナー入口でもったままの手応えで周り、アトムを完封。自在性の高さと完成度の高さ、ローテの順調さで期待大。もちろん1分33秒1は馬場を考えてもかなり優秀である。和田の12年ぶりの中央G1を期待したいところ。

相手筆頭はハープスターだ。この馬は岡田総帥いわく、後躯で走るタイプで若干頭が高く距離に壁があるとのこと。というか新潟2歳Sではレースの流れに乗れず、一番後ろから上がり3F32.5で最後は抑え気味でイスラヴォニータを突き放す内容で、歴史的名牝になりうる可能性もある。ただし、新潟2歳S組はハイパフォーマンスを残した馬がその後イマイチだったりするし人気なら今回は様子見で良いのではないか。

特にフラフラ走ってるのが未完成なだけなのか、ただの基地外なのかは今回あたりでしっかり見極めたいところ。かつてキングヘイローが超大物と2歳で騒がれたが気性も頭の高い走りもずっとそのままで期待ほどの成績を残せなかったということがあった。ああいう鮮やかな追い込みは一度は疑ってみるべきだろう。