読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天皇賞秋2015

差し馬を買えばいいわけだが、内枠を取れたアンビシャスが本線。毎日王冠は出負けしてスローペースで差しそこねた。ただ、出遅れがあったにしろ、勝負圏内に入って来なかったの不満ではある。ただし、デムーロなら内枠から下手に外に出さずインに徹するだろう。後は馬の地力と、出遅れ(DSP)が発動しないことが条件。

また、最内枠に入ったディサイファは陣営からするとここが大目標だろう。G1クラスのなかでは切れ味が若干足りないのでそれをどこまで枠とペースで補えるかが鍵となりそう。

あと一頭着目するなら今年もピンク帽のイスラボニータである。今年春は不振を極めたが、秋シーズン初戦の毎日王冠の3着は一瞬勝ったと思う手応えであった。もともと最後1ハロンはブレーキがかかるタイプであるが直線半ばまでの貯金を上手く使えば連に絡めるかもしれない。去年と同様、枠をどうこなすか、3歳時より斤量が増えてどうかであるが、人気的には盲点。アンビシャスとイスラボニータの連は50倍つきそうである。